視力回復手術と疲れ目講座

眼鏡・コンタクト?

視力矯正として現在もっとも利用されているのは、眼鏡とコンタクトレンズです。

 

以前から広く普及していることと、数千円〜数万円の価格で購入できることで、レーシックがある程度広まっている今日でも、視力矯正の主流になっています。

 

メガネは直接眼球に触れることが無いため、角膜を傷つけることが無いというのも大きなメリットだと言えますが、視野がフレーム内に限られてしまう点や、曇ったりゴミが付いたりとレンズの汚れが激しいというデメリットもあります。

 

コンタクトレンズは角膜にレンズを密着させることで裸眼と同じ視野を確保することができ、フレームが無いことからある程度のスポーツや仕事に対しても支障をきたしませんが、逆に角膜に密着させることによって、角膜を傷つけてしまう危険性があるということです。

 

一般的に、眼鏡やコンタクトレンズは生涯同じ続けられないと言われ、例えば、眼鏡の場合、使用を続けることで視力低下が進行してしまうため、度数を調整する為に数年ごとに、買い換えを行う必要があります。

 

コンタクトレンズの場合は、ハードレンズで2〜3年、ソフトレンズで1〜1.5年というレンズの寿命がある為、レンズの買い換えになり、使い捨てのコンタクトレンズでは更に短いスパンで買い続ける必要があります。

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • ウィペット

  •  
    HOME 眼鏡・コンタクト? レーシックを受ける? 他の手術を受ける? 眼の緊張をほぐす? 眼のリラックス?